スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)各巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

こんにちわっしょい!プット(@put_blog)です!

今回は二語十「探偵はもう、死んでいる。(略称:たんもし)の各巻のあらすじとネタバレ感想のまとめを書いていこうと思います!

※以下探偵はもう、死んでいる。各巻のネタバレを多少含むのでご注意ください。

「探偵はもう、死んでいる。」のアニメを観るならU-NEXT31日間無料トライアル実施中!
※2022年4月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)1巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

1巻のあらすじ

当時中2の主人公:君塚君彦(きみづかきみひこ)は4年前シエスタという探偵の少女に出会う。

そして君塚はシエスタの助手になり、シエスタと共に3年間旅に出た。

しかし今から1年前シエスタと死に別れをし、普通に高校生として日常を暮らしている。

時は現在、高校の放課後に君塚は女子生徒に胸ぐらを掴まれ、「名探偵の君塚君彦なのか」と質問責めをしてくる。

その女子生徒の名は夏凪渚(なつなぎなぎさ)と言い、君塚に依頼をする。

依頼は「自分が探している人を探して欲しい」(以下Xと呼ぶ)

夏凪1年前に心臓移植をしており、その頃からXの存在が脳裏にちらつくようになった。

君塚は記憶転移だと推測し、Xは元の心臓の持ち主が会いたがっている人物で、恐らく生前のドナーの家族、恋人、友人あたり。

そしてXに会うべく君塚と夏凪は探し始める…

1巻のネタバレ感想

まず書いておくと探偵はもう、死んでいる。ってタイトルに「探偵」と書いているので、普通ミステリーとか推理とかだと思いますが、推理らしい推理はほぼなくSPES(スペース)という組織が作った人造人間を倒すファンタジーバトル小説なんですよね。

なので最初凄い違和感ありまして…

あとがきの「ジャンル全部載せのエンタメ小説として楽しんでいただけたら」という一文を読みまして、ようやく違和感がなくなりました(笑)

あと、このたんもしでの探偵の定義は「依頼人の依頼を達成するのが仕事」らしく、それが戦いであろうが何であろうが。

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)1巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)2巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

2巻のあらすじ

目が覚めたら君塚、夏凪、斎川、シャーロットの4人は誘拐され監禁されていた。

そして部屋の前方に設置されているスクリーンが点灯し、そのスクリーンに映っていたのは…「シエスタ」だった。

しかし、その映像はこの日を見越して撮影した一年前の映像。

そして映像のシエスタは一年前、自分に何があったのかを語ろうとする。

また、確かにシエスタは亡くなってはいるが、もう一つシエスタはカメレオンには殺されていなかった。

映像のシエスタは言う…「助手、君には思い出してほしい」

「そして他のみんなにも知ってほしい。その上で「決断」して欲しいんだ」…と。

2巻のネタバレ感想

このたんもしは人造人間を作っているSPESという組織との戦いですが、まだシエスタが生きていた時、SPESの最高幹部のヘル(能力はマインドコントロール)と戦うシーンがあるんですよね。

ヘルは聖典(未来が記述されている物)に基づき善悪関係なく動き、聖典には君塚はヘルの仲間になると書かれていてシエスタのみを狙います。

残念ながら初戦は引き分けみたいな感じになり、ヘルを逃してしまいます。

その数日後アリシアという幼女がダンボールの中で過ごしているのを君塚が発見し、ここにいさせるのは危険だと思い連れて帰りました。

アリシアは自称17歳で見た目は13歳で記憶がない。

さぁこれはどういうことか!?

これね…ゾッとしましたよあんな可愛い笑顔を見せる子が…

ヘルのもう一つの人格だったなんて…

最初からではないでしょうが恐らく早めにシエスタ達は気づいていたんだと思いますが、ヘルの能力マインドコントロールがあったので気づいてもわからなかったと…

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)2巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)3巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

3巻のあらすじ

君塚、夏凪、斎川、シャーロットは監禁され、そこでシエスタが残した映像を観ていた。

観終わった後、君塚の消えた一年前の記憶を思い出し、なぜ探偵はもう、死んでいるのかも…

夏凪はシエスタを殺めたヘル(ただし別人格)で、過去に心臓移植をしたという記憶は、シエスタの心臓を奪ったという記憶の書き換えだった。

しかし謎なのはここに監禁したのは誰なのか…

そう君塚が思った瞬間…!

君塚たちの4人以外の気配を感じ…気が付くとそこには…!

メイド姿だかかつての相棒シエスタの姿がそこにはあった!

3巻のネタバレ感想

まずあらすじに書いたメイド姿のシエスタですがシエスタはシエスタでも、生前の本人を参考にして作られたアンドロイドです。

そのアンドロイドのシエスタは調律者という陰で世界の危機と戦う存在を君塚達に知らせる訳ですが、その調律者は12名おり役職も違うと。

現状会話で明らかなのは怪盗、巫女、暗殺者、魔術師、吸血鬼、そしてシエスタの役職の探偵…

探偵が役職のシエスタはSPESの討伐が任務だったが、今は亡きシエスタの心臓、意志を継いだ夏凪が探偵の役職になると。

1、2巻ではSPES…そして3巻では調律者の存在…

なんか一気に話が大きくなってきましたね!!

調律者はそれぞれ協力するのかそれともぶつかるのか…

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)3巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)4巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

4巻のあらすじ

風靡との戦いで負傷をしたロボットのシエスタは、君塚に鍵を渡しこう言う…

「あなた達四人が課題を乗り越えた時、これを渡すように言われていました。今君彦が知るべきことは全部そこに入っているそうです」と…

それから半日後…君塚達の四人は風靡に呼び出され、十日の猶予を与えられシードを確実に倒す証明をしてみせられなければ、シードの器の斎川を殺されてしまう。

君塚、夏凪はシードを識るためのヒントが眠っていると信じ、そしてシエスタを生き返えらすためロンドンへ…

また、シャーロットは風靡に依頼された仕事、斎川はコウモリと左眼覚醒のための特訓とそれぞれの行動が始まる…!

4巻のネタバレ感想

私疑問に思ったのですけど君塚は巻き込まれて体質ですが、それにしても巻き込まれすぎではないかと!?

と、いうのも君塚の巻き込まれ体質は、巫女のミアが予知したものを覆し予想外のことが起こるんですよね。例えばバスジャックが起こったり、ミアの頭ギリギリに植木鉢が落ちてきたりなど。(ミアが危険になるのはあながち世界に影響を与えるから普通なら予知できるはず)

なのでこの君塚の巻き込まれ体質はなんか調律者がもつような、特殊能力の一つではないかなと思い始めましたね。

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)4巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)5巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

5巻のあらすじ

シエスタを生き返らせることに成功したが、その代償として夏凪は脳死状態に…

また今、斎川はシードの完璧な器の候補として囚われている状態。

しかし、斎川を器にするには準備が必要とシエスタは予想し、助けられる余地はあると…

そしてシエスタは言う。

「唯のこと「も」当然救うよ」と…

そう…斎川も夏凪のことも2人とも救うべく、いよいよシードとの最終決戦が始まる…!

5巻のネタバレ感想

シードは人間を乗っ取り生態を学ぶ過程で、シードは人間になりたいという感情が芽生えたんですよね。

現在のシード自身は感情は邪魔で進化の過程で消してきたと思っているわけですが、しかし真相は人造人間を生み出すとともに自らの能力そして「感情」も捨ててしまったと。

そして君塚に気付かされたがシードの本能は「子孫を残すこと」で種そのもの!

本能に従い自ら感情を失うと…

最終的にはウロボロスという本能に乗っ取られ、暴走してしまう…

自分の本能にも気づけず、感情も無くなりなんと哀れな姿

本能に気づき、また人間になりたいという感情も健在していれば別の話のルートだったかもしれない…

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)5巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はもう、死んでいる。(たんもし)6巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

6巻のあらすじ

シエスタを眠らせた後君塚、夏凪、斎川、シャルの4人はシンガポールに向った。

そこで4人は適当な会話を交わしており、斎川は「そういえば、どんな子どもだったんですか。君塚さんって」と聞き、他の2人も過去の君塚に興味を持っている。

そして君塚は数年前の過去を一つ一つ語っていく…

また日本では…

シエスタが眠っており、シエスタの姿をしているメイド姿のアンドロイドの「ノーチェス」が様子を見ていた。

そしてノーチェスは調律者で発明家の役割を持つスティーブンを通して、シエスタから託された手記を手に取り…

手記は4年前のある日付から始まっており探偵の秘密の物語を探っていく…

6巻のネタバレ感想

ここで言う詐欺師は調律者とかではなく、騙してきたっていう意味です。

君塚パートとシエスタパートがあるのですが、まるで語りが繋がっているように交互に語り手が変わり話が進みます。

そう「まるで繋がっているように」

途中までは繋がっているように見えて実際は1年差があるんですよ!

というのも君塚側はダニーという師匠みたいな存在でダニーの存在を隠すように動き、シエスタ側は上からの指示でダニーの存在を調べろと言われ白銀月華として動いています。

そして君塚側の語りではまだダニーは生きていて、シエスタ側の語り…君塚の語りより1年後は亡くなっていると。

これ君塚からダニーは既に死んでいるって言われるまで気づかなかったですね…騙されてた!

まぁただホテルに2人で泊まっているシーンがあり、急に語り手が変わると1人になったのでこの違和感で気づくべきだったかも…!

君塚にダニーから「その厄介な体質を抱えたお前が警察や探偵と戦うには、詐欺師か怪盗になるしかない」と言うシーンあるのですがもうある意味詐欺師かもしれない!

いやぁ…説明は難しいですが読んでない人は是非読んで欲しい!

多分イラストがない文章だからこそ出来た事なのかもしれない!

詳しい探偵はもう、死んでいる。(たんもし)6巻のネタバレ感想はこちら!

「探偵はもう、死んでいる。」のアニメを観るならU-NEXT31日間無料トライアル実施中!
※2022年4月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました