シャインポスト1~3巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

小説

こんにちわっしょい!プット(@put_blog)です!

今回は駱駝「シャインポスト」の1~3巻のあらすじとネタバレ感想のまとめを書いていこうと思います!

※以下シャインポスト各巻のネタバレを多少含むのでご注意ください。

「シャインポスト」のアニメを観るならU-NEXT

31日間無料トライアル実施中!

※2022年9月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャインポスト1巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

1巻のあらすじ

主人公の日生直輝(ひなせなおき)は、従姉の優希(ゆうき)が社長を務める芸能事務所ブライテストへ向かった。

そこにはアイドルグループTiNgSのメンバー春天国春(なばためはる)、聖舞理王(せいぶりお)、玉城杏夏(たまききょうか)の3人がおり、日生直輝をマネージャーとして歓迎する。

しかし日生自身は事務所の雑用として来ており、一回マネージャーを断り従姉であり社長である優希の元へ話を聞きに行く。

そして無理やりマネージャーを押し付けられ、さらにはサンシャインシティ噴水広場を観客で埋め尽くす(約2000人)さなければTiNgS解散させるいうとんでもないことを言われる。

日生直輝はまずは臨時マネージャーとしてTiNgSを成長させることを決める。

1巻のネタバレ感想

玉城杏夏、聖舞理王、春天国春にはそれぞれ悩みという壁がありまして、直輝は嘘を見抜ける眼を持っていてそれを使って悩みを解決していきます。

悩みという壁を乗り越え更なる高みを目指すのが良いんですよね!

例えば傲慢な態度の理王ですが、実は優しさの裏返しで周りに心配させないようにわざと傲慢な態度を取っています。

ただ我慢の限界がきてしまい自己否定に入ってしまうと。

しかし理王は自分では気付かない強みがありまして、直輝は励ましつつそれを教えます!

ちなみに強みは理王以外の玉城杏夏、春天国春も知ってまして、これ自分の強みって自分ではなかなか気付かないものなんですよね。

なので気づかせてくれた直輝がいてよかったなと!

詳しいシャインポスト1巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャインポスト2巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

2巻のあらすじ

日生直輝は違和感を感じており、それは「Be Your Light!!」という曲。

TiNgSがデビュー前に手に入れた曲で初めての持ち曲なのだが、決して定期ライブでは行わなかった。

そしてその曲を確認してみたところ3人ではなく5人で歌うために作られた楽曲だった。

TiNgSのiとgは伊藤紅葉(いとうもみじ)、祇園寺雪音(ぎおんじゆきね)のイニシャルであり元々は5人であるが今では2人は脱退し、ゆきもじとして活動している。

また、次のライブは新宿ReNYでやるが、観客はジャンプが禁止され、階下に迷惑をかけないようにと応援を自重したりとライブへの集中力が削がれてしまう。

それを補うようにより良いライブを行うために、TiNgSからTINGSへ戻らなければならなく、伊藤紅葉と祇園寺雪音を戻すためTiNgSの3人は動き始める。

2巻のネタバレ感想

祇園寺雪音と伊藤紅葉は1巻の時にTiNgSに対し嫌味を言ってました。

ただこれはある作戦でして元々2人はTINGSにいて、残る3人は実力不足だと言い抜けたんですよね。

これはどういう作戦かといいますと春天国春は実は全然本気出してないんですよ。

なぜかというと後にも書きますが、1人だけ実力ありまくると他のメンバーが埋もれてしまい崩してしまうためなんですよね。

それが祇園寺雪音はショックで、春天国春に本気を出させるために実力不足だと言い悪役徹しました

太陽を輝かせるためにになったと…

わざと悪役に徹するってかなりの覚悟がないとできませんよ…!

しかもそれだけじゃないんですよ!

ゆきもじ2人は噴水広場にも来てましたがすぐ帰るシーンがありましたが…

ただ…帰っているのではなく本当はこっそりとライブ中にTiNgSのビラを配っていたんですよ!

こんなのズルいよ…泣かせに来ますね!

詳しいシャインポスト2巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャインポスト3巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

3巻のあらすじ

絶対アイドル螢と共に「HA時代」と呼ばれる時代を築き上げたアイドル「AYA」がマネージャーを務める5人組のアイドルグループ「HY:RAIN(ハイレイン)」から対バンの申し出が来た。

メンバーは苗川柔(なえかわやわら)、黒金蓮(くろがねれん)、唐林青葉(からばやしあおば)、唐林絃葉(からばやしいとは)、氷海菜花(ひうみなのか)の5人。

対バンのルールは三本勝負でダンス、歌唱力、総合力の三種目で競い合う。

そしてAYAは直輝に因縁があり…

「HY:RAINが勝った暁には…日生直輝には、マネージャーをやめてもらう。この業界から、永遠に消えてもらう」と言われる。

またHY:RAINの黒金蓮も元々同グループだったTINGSの青天国春に因縁があり…

「春。貴女に、「TINGS」を脱退してもらう」と追加条件を…

しかしそんな理不尽な要求な中でも直輝達はこの対バンに受けて立ち、5週間後の中野サンプラザのライブに備え始める…!

3巻のネタバレ感想

あらすじにも書いたようにTINGSとHY:RAINは3本勝負をしますが、もしHY:RAIN側が勝ったら直輝はマネージャーを辞め業界から消え、春はTINGSを脱退させられます。

直輝側の理由は伏せておきますが…(かなり終盤なため)

これはTINGSを潰す…ためではなく、HY:RAINのHは春のイニシャルでありTINGSから脱退させてHY:RAINに春を戻して元に戻すという想いがあったからなんですね。

そしてTINGSが勝っても何も得られないのに、この3本勝負を受けた理由は全員ではないですが過去に囚われたHY:RAINのメンバー達の呪縛を解くためであると。

ただ勝つのではなく、負けるのではなく過去から解き放つために!

それぞれの生半可ではない想いが対立する、この隠された想いを知った後本当に熱くなりましたね!

詳しいシャインポスト3巻のネタバレ感想はこちら!

「シャインポスト」のアニメを観るならU-NEXT

31日間無料トライアル実施中!

※2022年9月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プットをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プットログ
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました

広告ブロッカーを使用して広告をブロックしていることを検出しました。 使用している広告ブロッカーを無効、もしくは当サイトをホワイトリストに入れ再度アクセスしてください。

タイトルとURLをコピーしました