世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)1巻ネタバレ感想!感情と暗殺にどう向き合って行くのか!?

こんにちはプット(@put_blog)です!

今回月夜涙世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生するというライトノベルの1巻を読みましたのでネタバレありでの感想を書いていこうと思います!

略称は「暗殺貴族」でいいのかな?

読む前は世界最高の暗殺者が転生してるので強すぎて無双系かなと思いましたが、そこまで無双系ではない印象でしたね。

 

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」のアニメを観るならこちら

31日間無料トライアル実施中!

※2021年11月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)1巻のあらすじ

人生最後の暗殺の仕事を終えた老いた暗殺者は旅客機に乗っていた。

しかし突如旅客機が爆音と共に大きく揺れ高度が落ちていく。

そう…老いた暗殺者は道具として用済みで、組織は処分をしに来たのだ。

最後の最後まで生きるための手段を取り続けたが残念ながら暗殺者は暗殺されてしまった…

そして暗殺者は目を開くと神殿にいた。

そこには女神がおり女神は知識と経験を残す代わりに、剣と魔法の世界に転生し暗殺者が転生してから18年後までに勇者を暗殺することを依頼してくる。

暗殺者は勇者は英雄なのになぜ暗殺する必要があると疑問に思い質問すると…

16年後魔王を倒して世界を救った後、勇者は力を私利私欲に使い世界を大混乱に陥れ世界が滅びてしまうためだという。

そして暗殺者は条件を受け入れ暗殺貴族トウアハーデ家に転生する…

今度は道具ではなく自分のために生きると…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)1巻ネタバレ感想

それではここから世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する1巻の感想をネタバレありで書いていきます!

前世は暗殺の道具として生きていたが転生後様々な感情を学んでいくのが良い

主人公はトウアハーデ家の子供ルーグとして転生しますが、前世は暗殺の道具として生きており無感情で暗殺していました。

しかし転生後暗殺貴族の親だとしても、家族愛は全然ありそこから愛や恋愛感情など様々な感情を学んでいくのが良いんですよね!

ただいざ暗殺した時感情を学んだせいか前世は暗殺しても微動にしなかったのに、暗殺したら鼓動が速くなり動けなくなると…

暗殺というか人を殺めるには感情を殺さないとダメですから…(だからと言って現実でやっちゃだめですよ!!)

まぁ暗殺に限らず現実でも感情を殺さないといけない場面も少しはありますからね…

ちょっと感情の悪い面というか感情は大切ですが、時に無にすることも大切だと改めて学びました。

そして今後どうこの感情と暗殺者する上で向き合って行くか楽しみですね!

暗殺者についてよく考えられている

暗殺者のリアリティというか作戦って言えば良いのかなそこがよく考えられているのが凄いんですよ!

まず暗殺者の作戦としては暗殺のために人脈を広げ、情報網を用意するために別の名で2年間商人になり名を広げるとか!

仮に暗殺者として生きていけなくなっても、商人の顔で生きていけますしね!

現実の暗殺者はわかりませんがもうそこまでやるかとド肝を抜かれました!!

よく考えられているなと!発想のスケールが凄いですね!

困難がほぼほぼ無いのが残念

ちょっとネガティブな内容になりますが、主人公に対して困難がほぼほぼ無いんですよね。

主人公ルーグの人生上はあるのかもですが、困難の場面が多々カットされており「○○が始まる」や「数ヶ月後」で始まるのが多くて、感情移入がそこまでできないというか。

なんかもう少し困難があってもいいんじゃないかなと思いましたね。

そして1巻のラスボスのセタンタをかなり練習した(練習カットされてるけど)大技で倒すのですが、あっさりと大技を使って暗殺すると。

ちょっとした戦いの前に駆け引きはあるのですが、戦い始まったら終わったという感じでして。

暗殺者なのでしかたないのかもですが、戦い初めて戦いの最中も駆け引きしてこれはどっちが勝つのかと思わせたからの、ちょっと時が経ってして暗殺して倒すのほうが個人的には良いかなと思いましたね。(本当これは個人の好みですが)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)1巻ネタバレ感想のまとめ

ここまで世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)1巻のネタバレ感想書いてきましたが、設定は結構好きなので2巻以降も買おうと思います!

そしてセタンタも大技喰らっても死んではなくただ単に倒れ、しかも撤退するだけの体力はあるのでさらなる困難が待ち構えているでしょう!

しかもそのセタンタは勇者でないという…つまり勇者は恐らくセタンタより強くここから一気に困難な壁が立ちはだかると思いますね!

あと普通は1冊3~4章くらいで分割されていると思いますが、「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」は魔女の旅々のようにかなり分割されており(魔女の旅々は短編集ですが)、今回は二十何分割されていて少しずつ読むっていう手もありで読みやすいですね!

どうやって勇者を暗殺するのか、そして今後感情とどう向き合っていくのか楽しみです!!

暗殺貴族2巻のネタバレ感想はこちら!

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」のアニメを観るならU-NEXT

31日間無料トライアル実施中!

※2021年11月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました